「自分を持っていれば学歴なんて関係ない!」専門卒で未経験転職を成功。誰よりも覚悟を決めた男の挑戦ストーリー。

”大事なのは学歴ではなく、「Webマーケターとして何をしたいのか」を明確にすること”
それさえできていれば、未経験でも転職できる。

そう語ってくれたのは、専門卒で未経験転職を成功させた鈴木さん。

現在、現場で大活躍中の鈴木さんに、マーケターを目指した経緯から、マケキャンを受講した感想、転職が成功できた理由などを赤裸々に語っていただきました!

大事なのは学歴ではなく、「Webマーケターとして何をしたいのか」を明確にすること。

学歴や、異なる業界からのチャレンジに不安を抱いている方には非常に勇気をもらえる内容です。
是非、最後まで読み進めてみてくださいね。

鈴木一真

専門学校を卒業後、接骨院にて勤務。

”接骨院業界で働く人たちのためのサービスを作りたい”というビジョンをもち、そのファーストキャリアとして広告代理店を選ぶ。

持ち前のストイックさと行動力を武器に、未経験から転職を成功させ、現在はベンチャーの広告代理店にて活躍中。

”接骨院業界で働く人たちのためになるサービスを作りたい”
覚悟を決めてWebマーケティングの道へ

ー早速ですが、鈴木さんがWebマーケティングに興味を持ったきっかけを教えていただけますか?

鈴木一真:良いサービスを提供しても、お客様に知っていただかないと利用に繋がらないと気付いたことがきっかけです。

僕は接骨院で、院長を任されていました。そのため、
役職柄、集客業務に携わる機会が多かったんです。
経営業務を行う中、やはり集客が一番大変だなと感じていました。

どんなに良いサービスを提供しても、お客様に知っていただかないと利用に繋がらない。
このことから、Webマーケティングに興味を持つようになりました。

加えて、父や親戚が、自営業をしており、中学生の頃からマーケティングに触れてきたことも大きいです。
私の父が会社を経営していて、マーケティングやコンサルティングの仕事をしていました。また、親戚も自営業が多く、私が中学生くらいの時から、マーケティングや経営に触れることができるような環境でした。

このような環境も影響は大きかったですね!

 

 

ー中学生の頃からマーケティングや経営に触れていたのはすごいですね。
そこからどのような経緯でマケキャンを知っていただいたのでしょうか?

鈴木一真:患者さんの繋がりで紹介いただいた社長に、マケキャンを紹介していただきました。

集客の大切さを感じる中で、マーケティングを極めたいという想いは日に日に強くなりました。
また同時に自分に一番足りないスキルはWebスキルだとも感じるようになり、転職を考え始めました。

Webマーケターとして転職したいことは接骨院の患者さんやスタッフにも話していたんですよね。
そこで偶然、患者さんの中に経営者がいらっしゃり、その方がWebマーケティング会社の社長を紹介してくださったんです。

そのWebマーケティング会社には、現状未経験者を教育できるリソースがないということで採用には至らなかったのですが、社長がマケキャンを紹介してくださいました。
そして翌日無料カウンセリングの申し込みをしたという経緯ですね。

 

 

ー自営業家系ということでしたが、鈴木さん自身は将来経営者になることは考えていますか?ビジョンがあれば教えてください。

鈴木一真:そうですね、経営者になるというより、接骨院業界で働く人を救うようなサービスを作りたいと思っています。

資格取得者は年々増加傾向ですが、接骨院で働き続ける柔道整復師はなかなかいないというのが現状です。
理由は健康保険の取り扱いが厳しくなっていることや、競合が増えていることなど多岐に渡ります。

しかし、現場にいて一番感じた課題は「集客」でした。
本来の生業である「接骨院」で働くことが柔道整復師の「業」であるという思いがあるので、そのためには業界の地図を変えることが必要だと感じました。

そこで、柔道整復師としてのスキルアップももちろん、経営課題を解決できるようなスキルを得ることが重要だと感じています・・・!
経営課題を解決できるようなスキルも得ることができれば、柔道整復師の働く環境はもっと良くなると思っています!!

また、僕が自分で転職活動をした際に、異業界からの転職の難易度は非常に高く感じました。

ですので、将来は接骨院業界で働く人たちの環境が良くなるサービスや、チャレンジを支援できるようなサービスを作りたいです!

 

 

ービジョナリーですね。すごく真っ当で夢がある。

鈴木一真:私個人で経営をするだけであれば、マーケティングを自分が勝手に勉強すればできると思うのですが、「業界を変えたい」という想いがありました。だからこそ、接骨院業界に止まるのではなく、一度業界を飛び出そうと考えました!

マーケティングに携わりたいという想いはもちろん、違う目線で業界をみれるという意味で、広告代理店で働きたいという意思は非常に強かったですね。

 

 

ーすごい…!ここまで明確なビジョンを描くのに至ったきっかけは何ですか?

鈴木一真:マケキャンを紹介してくれた社長からの言葉がきっかけです。

「Webマーケターになりたいです」と伝えた際に、マーケターになって何をしたいかを答えることができなかったんです。
それに対して社長から「それって医者になりたいとは決まっているけれど、医者になって何をやりたいかは決まっていないのと同じだよね」と言われて・・・その通りだなと思い、「Webマーケターになって何をしたいのか」を明確にするためにたくさん考えました。

 

 

ーとても良いアドバイスですね!それを明確にした上で、マケキャンを受講されたんですね!

鈴木一真:そうですね。ですので、マケキャンを受講する際の目的は明確でした。

1つ目は「Webマーケティングとは何か」に対して解像度を高くすること、2つ目は「即戦力人材」になることです。

僕は仕事を辞めてマケキャンに挑んだので、即戦力人材になるための覚悟は非常に強かったです。

”接骨院業界で働く人たちのためになるサービスを作りたい”
Webマーケターになるだけではなく、接骨院業界を変えることを見据え、マケキャンにジョイン。
即戦力人材になるための覚悟は人一倍強かった。

持ち前のストイックさで苦手分野を克服。圧倒的なアウトプット量が力に

ー受講してあっという間の3ヶ月だったと思います。苦戦したことはありますか?

鈴木一真:業界用語を覚えることに苦戦しました。
僕が前職で覚えていた筋肉の名前は全て漢字なので、CPAやCPCなどのアルファベットのマーケティング用語に馴染みが全く無く、非常に苦戦しましたね。
全部「アミノ酸」のようにしか見えなくて。(笑)

最初は本当に何を言っているのか分からず、単語が一人歩きして内容まで理解できていなかったと思います。

 

 

ーアミノ酸…(笑) どうやって克服したのでしょうか?

鈴木一真:そうですね。二つあります。
一つは、抵抗感を無くすために、マーケティング用語に触れる機会を増やしました。
受講生のグループLINEがあるのですが、そこで会話をする際、マーケティング用語使いながらコミュニケーションをとっていました。
例えば、成功して手に入ることを「CVする」みたいな使い方をしたり・・・(笑)

二つ目は、課題動画を何度も見て自己流のノートを作り、ひたすらアウトプットをしました。
このノートは、入社後の現在も時々見返すことがあるので、作っておいて本当に良かったと思っています。

徹底的なインプットに加えて、積極的にアウトプットしていくことで抵抗感を無くして腑に落とす。
これはまさにマケキャンで学んだことです。


鈴木さんの自己流ノート。
分厚いノート丸々5冊分、びっしりと書き込まれている。

ーすごい量…!マケキャンを最大限に使っていただいたのがよく分かり、非常に嬉しいです。
実際に転職し、マケキャンで学んだことは役に立っていますか?

鈴木一真:役立っていると感じています。

実際に代理店で働いてみて、当然ながら、現場になると、学習だけでは経験できなかったことや大変なことがたくさんあります。
また、マーケティング業界は変動的で常に学習が必要だと思っています。

それを考えると、マケキャンで職業体験が少しでもできたことが僕にとって非常に役に立ちました。

ポジティブなイメージだけを持って入社すると、実際の現場の大変さを目前にした際にギャップが大きいほどダメージも大きいと思っています。
マケキャンを通して、現場の大変さも理解していたので、覚悟ができていました。

 

 

ーWebマーケターって一見響きは響きは格好良いですが、実は泥臭い業務もたくさんあったり、企業によって想像以上に忙しかったりします。
私たちも入社前後でのギャップが無いようにするためのカリキュラム設計やサポートをしているのですが、その意図を汲み取ってくれていますね!

鈴木一真:僕はボディビルをやっているのですが、マーケティングのスキルアップも筋トレと同じだと思っています。

例えば、筋トレも初心者が
最初からやみくもに重りを持ち上げても意味がありません。
最初に重要なのは、基本種目のフォームを習得し、記録を少しづつ伸ばしていくことや、タンパク質中心の正しい食事です。

受講中は、何がどれに役立つのか、いつ使うのか実感としては無かったのですが、小手先のスキルではなく、基礎的な部分をしっかり学べたことや、現場の体験ができたことは非常に役に立ったと感じています。

 

 

ーちなみに、「役に立っているな」と感じた時のエピソードなどはありますか?

鈴木一真:ありがたいことに、僕は入社して1週間後にクライアント様を引き継がせていただきました。社内では、過去最短で2ヶ月だったと聞いています。
振り返ると、「共通言語を最初から知った状態で転職できた」ことは、即戦力になることができた要因の一つなのではないかと思っています。

また、今実際にクリエイティブを作っているのですが、先輩の話の内容がスッと入ってくるんですよね。これマケキャンでやったやつだ!!って思う時が多々あります。

マケキャンに通わなければ、きっとクライアント様を1週間で引き継ぐことはできなかったですね。

自分を奮い立たせてくれた、講師からの歯に衣着せぬフィードバック

ー講師から色々なフィードバックをもらったと思うのですが、印象に残っているのはありますか?

鈴木一真:講師からの「何を言っているか分からない・・・」という一言が悔しくて、それがきっかけで奮起したことは非常に印象に残っています。

3ヶ月目の学習内容は、受講生がクライアント様の課題に対して、課題分析や市場調査、施策立案を行い、受講生自身で企業に向かってプレゼンテーションを行います。

その際のフィードバックで、講師から「何を言っているか分からない・・・」と言われたんです・・・
その一言が非常に悔しくて・・・あの時の悔しさは今でも忘れられないです(笑)

また、悔しさと同時に嬉しいと感じたことも覚えています。
お金を払って自分に投資しているからこそ、挑戦しがいのある学習を求めていました。

それから、自分が発表している際の動画や、他の受講生の動画を何度もみて自分の課題を徹底的に研究しました。
ご飯を作る時も、お風呂に入っている時もずっと動画を観ていましたね・・・!フィードバックを受けた際は非常に悔しかったのですが、このフィードバックのおかげで「もっと頑張ろう」「講師と同じ目線で会話がしたい」と思い、更に自分を奮い立たせ学習に専念することができました。
また、講師の皆さんが本気で「受講生を成長させたい」と思ってくれていることが伝わったので、これもモチベーションUPに繋がりましたね!

▼参考記事▼

業界歴15年のフリーランスマーケターが考える”キャリアアップの道”に迫る

講師からの厳しいフィードバックが、鈴木さんの成長の糧に。

面接は相手との対話。企業と自分が合うか合わないか」という考え方が転職成功の鍵に

ーまず、転職活動を終えて、一言で言うといかがでしたか?

鈴木一真:楽しかったですね!!

上手くいかないこともありましたが、特に落ち込まず、「企業と自分が合うか合わないか」と思うようにしていました。
上手くいかない場合は「自分を採用しないなんて、見る目無いな」くらいに思っていましたね。(笑)

このようなモチベーションで挑んでいたことが特に精神的に追い詰められることもなく、乗り越えられた要因だと思っています。

 

 

ー転職活動を楽しかったと表現するのはすごいですね!
中々いらっしゃらないです。転職活動をする上で、工夫していたことはありますか?

鈴木一真:「面接は相手との対話」と考えて取り組むようにしたことです。

僕は、一般企業への就職活動が初めてで、もちろん面接もしたことがありませんでした。そのため、面接時に答える内容をカンペを作って全て丸暗記していました。

しかしながら、中々面接が上手くいかなくて・・・
振り返ってみると、もちろん大前提として準備は必要ですが、カンペはあくまでも自分の考えを整理するためのツールであって、相手としっかりコミュニケーションをとりながら、いかに素直に話せるかが重要だと気付きました。

また、面接に落ちたくないという気持ちが強かったのですが、落ちるか落ちないかを考えるのではなく、「会社に入って何をやるか」を考えることに集中しました。私ががやりたいことは、インターネット広告代理店ならどこでもできると考えていたので、広告代理店ならどこでも良いと思うようにしてから、心が軽くなったのか、不採用でもあまりストレスは感じませんでした。

更に、他の求人サイトをみることで、どのような求人があるのかを研究するようにしました。そうすることで、Webマーケティング業界の分析につながり、Webマーケティング職の解像度が高くなったと思っています。

転職活動は、定義を自分なりに考え不採用でも前向きに受け止めることで、楽しみながら乗り越えることができた。

ゴールは転職ではなく、転職後の活躍。受講生に合わせたキャリアサポート

ー鈴木さんは、マケキャン受講前に自身で転職活動をしていたと伺っています。
それをふまえて、マケキャンのキャリアサポートはいかがでしたか?

鈴木一真:サポート内容の良さももちろんですが、マケキャンのキャリアアドバイザーの信頼度の高さと「ギャップが無い転職」をゴールにしている点が非常に良かったと思っています。

僕は、マケキャン受講前に自分で転職活動を一時期行っていたのですが、中々面接も上手くいかなかったり、満足いく求人に出会うことができなかったんですよね。そこをマケキャンのキャリアアドバイザーが面接対策から紹介までみっちりサポートをしてくれたのですが、僕と全力で向き合いながらサポートをしてくれたのがとても印象的です。

例えば、面接対策をする際、僕の大好きな「筋トレ」に置き換えて質疑応答をしてくれることで、話の組み立て方や伝え方への理解度が高まったり、何気ない会話から人柄や特性を把握して「鈴木さんならこういう会社が合うんじゃないか」「こういうメンバーが合うんじゃないか」と企業紹介をしてくれました。

また、自己分析も、自分の目線だけだと限界があると思うのですが、キャリアアドバイザーが僕のことを理解しつつも客観的な目線で強みやアドバイスを教えてくれました。

あとは何より、担当のキャリアアドバイザーが「僕を信頼してくれたこと」が非常に嬉しかったし、これが一番やる気に繋がりました!
また、個人的に筋トレという共通の趣味もあったので、とても信頼していました(笑)

ー周りのスタッフも感じる程の良い関係性でしたよね!「ギャップが無い転職」に関してはいかがですか?

鈴木一真:結果だけではなく、転職後のその先を見据えながら転職サポートをしてくれていたのが良かったです。
マケキャンは、転職成功したその先で活躍するためのカリキュラムになっていると感じています。

「マーケティング」の定義が様々だからこそ、自分がマーケティングをどのような定義づけをしていて、その上で何をしたいのかが、企業にとって重要ではないかと面接をする中で考えました。

つまり、「何故Webマーケターになりたいのか?」よりも「Webマーケターになって何をしたいのか?」を本質的に考えさせてくれる転職対策をしたからこそ、入社後も自分を持ちながら活躍ができるのではないかと感じています。

 

 

ーちなみに、専門卒で複数内定が出るのは初めてで、この成功事例は私たちにとっても、勇気づけられるものでした。
鈴木さんは学習・転職含めて、自分に対しての解像度や自走力が非常に高い印象ですが、何か特別な考え方はあるのでしょうか?

鈴木一真:僕は、高卒・専門卒の方の方が、社会人歴が長い分、社会で学んだものは多いと考えています。

無いものに目を向けるより、あるものに目を向けることが大事だと思うんです。なので、何を学んで、何を得ることができたのか、を自分自身でも理解し伝えることができれば、何も問題ないと思っています。

また僕は、自分の解像度が高いというよりは、「自分は自分」という気持ちが人一倍強いです。
「こういう人になりたい」という憧れより、「こうでありたい」という願望の方が強いですね。

学歴に対して特に弱気にならなかったり、自分がすべきことを明確にして「没頭」できたことが振り返ってみると良かったと感じています。

「何故Webマーケターになりたいのか?」よりも「Webマーケターになって何をしたいのか?」が重要。
高卒だからこその強みはたくさんある。

今後は、圧倒的なパフォーマンスでマネジメントができる人材を目指す

ー今後の目標を教えてください。

鈴木一真:現在、僕を含めて新入社員が3人いるのですが、その中で圧倒的なパフォーマンスを発揮できる人材になりたいと思っています。
マケキャン受講中もそうだったのですが、「圧倒的」という言葉に拘っています。
中途半端な仕事や存在感で満足するのではなく、圧倒的な強みを更に増やしていきたいです。

また、今後は組織でマネジメントをする側に回りたいと思っています。
最終的に「接骨院業界を変える」という目標に近づくために、マネジメント力は必須だと思うので、そこを学んで行きたいですね!

将来は、「接骨院業界を変える」という目標に近づくためにマネジメントができる人材になりたい。
そのためにはまず圧倒的なパフォーマンスを発揮するとのこと。

ー最後に、受講検討者へメッセージをお願いします。

鈴木一真:学習や、転職活動は、「しんどいな」と思う時期もあるかもしれないですが、なぜ受講したのか、と初心に立ち返ることができれば学び続けることができて結果は付いてくると思っています。成功のイメージと失敗のイメージどちらかでも強くイメージすることが強い動機に繋がる気がします。

自分も、第二の人生のスタート。これからも頑張っていきたいです!

ー鈴木さん、ありがとうございました。今後の更なるご活躍、楽しみにしています!!

マケキャンでは、無料カウンセリングを行なっています。
一人一人のキャリアプランに合わせながら、背景に寄り添ったアドバイスをしています。
Webマーケティングに興味がある方、転職を考えている方、今の現状にモヤっとしている方、是非お申し込みください。