「ここまでしてくれるんだ(T_T)」サポート体制に感動した秘話

ここまでしてくれるんだ。

リッチな補講、暖かいキャリアサポートに感動。

そして、何より…

『仲間がいたから、乗り越えられた。』

そう語ってくれたのはプロモーション事業に携わった後、マケキャンを経てWebマーケターとして現在働かれている高頭さん。

今回は、Webマーケターを志すことになった経緯から、マケキャンのサポートを体感していただいた感想を語っていただきました。

これからマーケティングを学びたい人や、マケキャンに興味あるなと感じている方は、是非読み進めていってくださいね。

高頭さん

小学校の頃からエンタメ好き。前職ではイベントやショッピングセンターのプロモーション事業に携わる。コロナによる自粛期間を経てオフラインイベントに対して限界を感じ、オンラインでの仕事に興味を持ち始める。自分自身の本当にやりたいことを内省し「もっと多くの人の人生に影響を与えたい」と思うようになり、転職を志す。そんな中Google検索をキッカケにマケキャンに辿り着き、見事Webマーケターへの転職を成功させた。

もっとたくさんのお客様に影響を与えたい…!

ーそれでは、本日はよろしくお願いします。

高頭さん:よろしくお願いします!

ーマケキャンに入る前はどんなお仕事をされていたんですか?

高頭さん:前職ではショッピングセンターやイベントのプロモーションに携わっていました。

「エンターティメントに携わる仕事をしていきたい」という思いを軸にしてやってきましたね。

ーなるほど。そこからどうして転職を考え始めたのですか?

高頭さん:プロモーションって「商品とお客様を繋ぐ仕事」だと思うんです。

でも自分が本当にやりたい仕事って何だろうと考えた時「より広く多くの人の人生を変える仕事をしたい。エンタメを届ける仕組みを作る側に回りたい」って気づくタイミングがありました。

ー仕組みを作る側に回りたいと思うようになったんですね。

高頭さん:そうですね。より多くの人の人生に影響を与える仕事がしたいなって。

ーそれは前職での経験が関係しているんですか?

高頭さん:コロナの影響が大きいですね。

前職で請け負っていた仕事が殆どなくなりましたし、当時の自分の裁量的にもお客様を楽しませる為にできることが限られていました。

現場にいて感じたのは「オフラインのイベント事業には限界があるんじゃないか」ということです。

ーコロナが一つのキッカケになったんですね。

高頭さん:そこで考えついたのが、Webマーケティングの仕事です。

オンラインならより多くのお客様の人生にアプローチ出来ると思いましたし、マーケティングを通じて「お客様が商品を購入する仕組みを作る側」に回れると思ったんですよね。

ーなるほど。そうやって繋がっていったんですね。

高頭さん:より多くのお客様に「商品を購入しよう」「行動しよう」って思ってもらえる…そういった、誰かの人生に大きな影響を与える仕事がしたいと思うようになりました。

ー確かにWebマーケティングの仕事が適しているかもしれませんね。

高頭さん:あとは、最先端の業界で仕事をしていきたいという思いもありましたね。

ーなるほど。それはどういった理由で?

高頭さん:エンタメの見せ方もコロナをキッカケに大きく変換すると思ってて、今以上にテクノロジーとの掛け合わせが今後進んでいくんじゃないかと。

そういった意味でも、今も最先端を走っているWebマーケティング業界で仕事をしたいと思うようになりました。

ー仰る通り、エンタメの在り方も変わってきていますしね。

高頭さん:新しいものを作りながら、お客様の生きがいに携わる仕事をしたいなと思っています。

コロナをキッカケに、前職での裁量や事業範囲に限界を感じ始める。

もっと広くお客様の人生に影響を与えたいという思いから、転職を検討。

時代の流れと自分自身のやりたいことがマッチする、Webマーケティングに興味を持ち始めたみたいです。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

辛い時、いつも音楽が救ってくれた

ー高頭さんの仕事選びの軸はどういった部分になるんですか?

高頭さん:「多くの人の生きがいを作れる仕事がしたい」というのが一つの軸になっています。

その中でエンタメが持つ、人を楽しませたり感動させる要素に惹かれていました。

ーなるほど。ちなみにそういった思いは昔から持たれていたんですか?

高頭さん:小学4年生の頃の経験が大きいですね…。

当時挫折したり苦しい経験があったんですけど、そんな状況の中「明日も頑張ろう」と思わせてくれたのが音楽とか映画でした。

ー小学4年生の経験が今でも糧になっているんですね。

高頭さん:そうですね。

私の中で「これがあるから頑張ろう!」といった生きがいに繋がるのは、エンタメだったので。

ーなるほど。エンタメを通じてこんな仕事がしたい!とかあるんですか?

高頭さん:人それぞれの生きがいや情熱に携わりたいですね。

私自身が辛い状況下でエンタメに助けてもらったように、今度は私が多くの人に生きる希望を与えていきたいと思っています。

ー素晴らしいですね!ちなみに具体的にどんなアーティストを聞いていたんですか?

高頭さん:そうですね…。

特に影響を受けたのは、Aqua TimezとBUMP OF CHIKENです。

ー僕も好きです!世代ですよね。

高頭さん:当時から今まで、エンタメに救われて生きてきたなって思います。

小学4年生の頃、挫折してた時期を音楽に救われた…と語る高頭さん。

昔の自分を救ってくれたみたいに、今悩んでいる誰かに寄り添う仕事がしたいと熱く語っていただきました。

マケキャンなら信頼できそう!

ーそんな中、どういった経緯でマケキャンに行き着いたんですか?

高頭さん:「マーケティング 転職」とかで検索して調べていくうちに、マケキャンに辿り着きました。

もともとWebマーケティングというより、マーケティング全般を学びたいなって思っていたんです。

そんな中「マケキャンなら本質に近い学びを得れそう」と思ってカウンセリングに参加しました。

ーなるほど!どのタイミングで参加を決めましたか?

高頭さん:カウンセリングで参加を決意しましたね。

担当してくださった坂本さんの説明が、とても丁寧で具体的だったんですよ。

ーそうなんですね!確かに、講師の坂本さんはマーケティング会社を経営していながらマケキャンの講師もしていますし、実践的で他の受講生からの評判も良いです。

高頭さん:Web業界の現状からマケキャンで取り組む内容まで詳しく教えていただきました。

受講生と講師の方のやり取りまで見せていただいて…。マケキャン受講生の真剣さや熱量の高さを感じましたね。

ーマケキャンの熱量が伝わっていたなら幸いです。

高頭さん:伝わりましたよ!

「ここならしっかり学べそう」と思い、参加を決意しました。

カウンセリングを受け、マケキャンの指導に信頼を置いてくれた高頭さん。

講師陣の熱い思いが伝わったみたいで良かったです!

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

受講生の声をその都度反映してくれる

ー実際に受講してから、ギャップを感じた部分はありますか?

高頭さん:運営スタッフの対応が凄すぎて…ギャップでした。

講座期間中「24時間サポートします」ってくらい寄り添ってくれたんですよね。

ーなるほど。確かにサポート体制には力を入れています。

高頭さん:みんなちゃんと寝てるのかなって、逆に不安になりました(笑)

ー他には印象に残っているエピソードはありますか?

高頭さん:水曜の補講が終わったあと、22時くらいに送った質問も即レスしてくれたことですかね…。

「もう寝る時間だからさすがに返事来ないよな」と思っていたので、素直に驚きましたね。

ー運営側としても、出来る限り対応させていただいてますからね。

高頭さん:あとは、補講が素晴らしかったです。

同期ともよく「補講があって助かる!」って話してたんですよ。

ー補講ですか。具体的にどういった部分が助かりましたか?

週末講義に向けて課題を進めている時「わからないことがわからない」「そもそも自分のやり方があってるのかわからない」って状況だったんです。

そんな中、補講を通じてわからないところを擦り合わせて正しい方向性を見直すことができました。

ーなるほど。補講で定期的に道を修正していったんですね。

高頭さん:日程も柔軟で「こんなに開催してくれて大丈夫なのかな?」とまたしても心配になりました(笑)

私たち受講生が提案した事が、その都度即座に反映されているのが伝わってましたよ。

ー私達運営陣としても「できることはなんでもやろう」という覚悟で取り組ませていただいた…というのもあります!

講師陣のサポート体制に深く感動していただきました。

スタッフ一同、受講生の学習を全力で支援させていただいております。

大変だったけど、その分自信に繋がった

ー逆にマケキャンに受講して大変だったことってありますか?

高頭さん:課題がとにかく大変でしたね。

量が多いのもあるんですけど、一つ一つの作業に結構時間がかかりました。

ーなるほど。具体的にはどういった部分に時間がかかりました?

例えば分析とかリサーチって、着手しだしたらキリがないじゃないですか。

どのタイミングで区切りをつければいいのかもわからなくて、突き詰めてたら永遠に終わらない…みたいな。

ー確かにそうですね。実際取り組んでみてどうでしたか?

高頭さん:やりきってよかったなと思います。

あれだけ突き詰めた分自信にも繋がるし、結果的に今後の糧になりそうです。

マケキャンの豊富なカリキュラムに苦労した模様。

突き詰めた先にある達成感も同時に感じていただきました。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

キャリアサポーターには、沢山壁打ちさせてもらいました

ーキャリアサポートの対応はいかがでしたか?

高頭さん:キャリアサポートの手厚さも実感しました。

「え?私一人ばかり担当してない?」って思うくらい、たくさん時間を割いていただいて…。

ーそう言っていただけてよかったです。具体的にどういった対応でしたか?

高頭さん:もともと「ある程度自分の中で答えを用意して置かないと、質問しちゃいけないんじゃないか」って思いこみがあったんですが、

マケキャンのキャリアカウンセラーは、たくさんの壁打ちをさせてくれましたね。

ー壁打ち…ですか?

高頭さん:一緒に答え探しをしてくれたんですよね。

全然固まってない、ふわっとした悩みも受け入れてくれたんです。

ーなるほど。頼っていただいたんですね。

高頭さん:頼りっぱなしでした(笑)

面接終わりとか「10分だけ電話しましょう」といって結局1時間くらい電話してた…ってこともありましたし。

ー確かに面接終わりって話したいこと多いですもんね。

高頭さん:私自身とても迷子になりやすい性格なので、その都度「問題」と「課題」を明確にしてくださったので本当に助かりました。

ーご自身で活動してると問題に気づかないこと多いですからね。

高頭さん:キャリアカウンセラーと話していると「自分無駄なことで悩んでたな〜」って気付かされるんです。

 

キャリアカウンセラー:高頭さん自身、明確な目標があってそこに至るプロセスもしっかり考えていらっしゃる方でした。信念を持って熱く取り組まれている分、迷子になりやすい一面もありましたが…。

ですが迷子になりながらも理想に向かって努力し続ける力が飛び抜けているので、転職は成功するだろうなって思いましたね。

キャリアカウンセラーと切磋琢磨して乗り越えた転職活動。

たくさんの壁打ちをしながら、少しずつ乗り越えていったようです。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

色んな考えに触れることができた

ー学習サポーターの対応はいかがでしたか?

高頭さん:講義のアウトプットの際、現役で活躍されている色んな方からフィードバックをいただけたのがよかったですね。

毎週違うサポーターさんだったので、それぞれの角度から指摘いただけたのが勉強になりました。

ーサポーターによって説明の仕方全然違いますよね。

高頭さん:論理的に指摘してくださる方から、私自身に深く考えさせてくれる方もいて講師それぞれに特色がありましたね。

いろんな考え方を取り入れる事が出来たのが、身になったなと。

ー良かったです。特に印象的だったサポーターはいますか?

高頭さん:中でも心に残ってるのが、立川さん、植田さんのフィードバックです。

本当に丁寧に教えていただいて、大きな学びにつながりました。

マケキャンをサポートしてくれる学習サポーターの存在。

みなさん丁寧で自慢のサポーターさん達です。

キャリア講義が特に印象的

ー講座を振り返ってみて、特に印象的だった講義はございますか?

高頭さん:キャリア講義が特に印象的でしたね。

転職活動中、本当に為になったので改めてお礼を言いたいです。

ーキャリア講義ですか。どういった部分が印象に残ってます?

高頭さん:例えば「自分の経歴を脚色する」っていう考え方が新鮮でした。

今まで経歴や実績の伝え方についてそこまで考えた事がなかったんですけど、伝え方次第で「ありきたりな経歴も凄そうに見えるんだな」って気付かされました。

ーなるほど。確かに伝え方次第で印象変わりますもんね。

高頭さん:あとは「自分の原動力を見つけるために、他の受講生と会話をしよう」って仰られていたのが為になりました。

自分一人で原動力を探すと、どうしても視野が狭くなってしまうんですよね。

ー原動力って案外気づきませんからね。

高頭さん:そうなんですよ。

そんな中、他の受講生との会話を通じて自分の考えを言語化するのは有効的でした。

お互いに客観的なフィードバックを与える機会もあったので、気づきが多かったです。

ー多くの気づきを得ていただいたみたいで、良かったです!

高頭さん:キャリア講義に関しては、本当にメモしまくりましたね。

マケキャンのカリキュラム内に用意している、キャリア講義。

他の受講生とやり取りしながら、感覚を掴まれたみたいです。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

仲間がいたから、乗り越えられた

ー3ヶ月間振り返ってみて「これがあったから頑張れた」という原動力はありましたか?

高頭さん:仲間の存在は本当に大きいですね。

たくさんの課題や辛いことも乗り越えることができたのは、仲間の存在があったからこそだなと思います。

ー仲間の存在…ですか。

高頭さん:そうですね。

モチベーションにもなりましたが、学習の悩みを共有できたり助け合えたのが本当に心強かったです。

ー確かに、高頭さんの期は特に仲良さそうでしたね!

高頭さん:毎週の講義後にZoomを繋げて飲み会もしていました。

最初はスタッフさんが飲み会を企画してくれたんですが、気づいたら自分たちだけで飲み会を開催してましたね。

『仲間がいたから乗り越えられた。』

マケキャン卒業生の方から、特に頂くお言葉です。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

マケキャンの内容がそのまま活かせてる

ー転職してからはどういったお仕事されてるんですか?

高頭さん:業種は広告運用で、クライアント様から頂いた案件を分析して改善策を提案する仕事です。

マケキャンで学んだ内容がそのまま活かせてるんですよ。

ーそのままですか!

高頭さん:マケキャンでインプットしてきた内容が、現場の作業を通じて実践できている感覚です。

「あ、これマケキャンでやったやつだ!」って瞬間が度々やってきます。

ー学んできた内容が現場の経験に繋がったんですね。

高頭さん:そうですね。

あと具体的な点でいうと、Webマーケティング関連の用語でつまづくことがほとんどなかったです。

ー確かに用語もしっかり学びましたからね。

高頭さん:もしマケキャン受けてなかったら、会話すらできてなかったと思うので…。

あの経験が土台になってるなって感じます。

マケキャンでの学びが、転職先でそのまま活用できているとのこと。

転職成功をゴールにするのではなく、その先の活躍をスタッフ一同応援しております。

今後の目標

ー今後のキャリアプランとして、なりたい人材像とかありますか?

高頭さん:一人の人材として、今後は広告運用だけでなく会社全体のプロモーションを考えられる存在になりたいと思っています。

ーなるほど。よりお客様に寄り添える人材を目指しているんですね。

高頭さん:そうですね。

Webマーケターとしても、今後はクライアント様の課題に応じて「何が必要なのか?」を一から提案できるマーケターになりたいと思っています。

ー素晴らしいですね!最終的な目標とかはありますか?

高頭さん:最終的にはプランナーとして、オフラインオンライン関係なく寄り添える人材を目指しています。

Webマーケターとして、一人のコンサルタントとしても高い目標を掲げる高頭さん。

今後が楽しみです。

転職先と食事会まで開いてくれるなんて…

ー高頭さんの中で「こんなサービスあったんだ!」って驚きに繋がる部分はありましたか?

高頭さん:マケキャンの方に、内定をいただいた2社それぞれとの食事会をセッティングしていただいたのは本当に感謝しています。

実はその食事会で転職先の企業を決めることにしたんですよ。

ーそうだったんですね!

高頭さん:やっぱり面接会場だけだと掴めなかったり、もっと話したい内容があったので助かりました。

自分一人で転職していたら、ここまで念入りに転職先を決める事ができなかったと思うので「こういうシステム良いな」って思いました。

ーそう言っていただけると励みになります。

マケキャンの開いた食事会で転職先を決定したとのこと。

内定先の企業とより深く会話できたみたいですね。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

一言では…語り尽くせないですね。

ーそれでは最後の質問です。高頭さんにとって、マケキャンを一言で言うと?

高頭さん:一言では語り尽くせないですね。

強いていうなら、「今後の人生を考えるキッカケとなる、居場所」でしょうか。

ーなるほど。居場所、ですか。

高頭さん:私にとって、マケキャンは「居場所だな」って感じるんですよ。

同期に恵まれたのもあるんですけど、プライベートな関係から仕事仲間としても一緒に頑張っていける存在ができたので…。

卒業してからも連絡取り合える関係ができて、本当に心強いです。

ー高頭さんにとって大事な繋がりができたんですね。

高頭さん:みなさんお忙しい中親身に対応してくださって、人生を変えるにはふさわしい場所だと思います。

本当に感謝しています。

ーそれでは、この辺でインタビューを締めたいと思います。
本日はお時間取っていただいてありがとうございました!

高頭さん:こちらこそ、本当にありがとうございました!

一言では語りきれない…と強い思いを語っていただきました。

これからもマケキャンを一つの居場所にしていただけたら幸いです。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

マケキャンの無料カウンセリングでキャリアプランを相談できる

マケキャンではカリキュラムを日々アップデートしながら、受講生一人一人のキャリアを成功に導いています。

専門のアドバイザーが些細なことから相談に乗りますので、ぜひ気軽にカウンセリングへ足を運んでみてくださいね。

卒業生の方が、5年後、10年後に「あの時マケキャンで学んでよかったな」と思ってもらえるよう、カリキュラムを組んでおります。

もちろん転職支援もさせていただきますが、転職成功はあくまで通過点。

その先の活躍をスタッフ一同お祈りしております!

マケキャンでは、現状のキャリアプランについて無料のカウンセリングを行っています。

受講するしないに関係なく、今の現状を踏まえた上でのアドバイスや提案をさせていただいてますので、お気軽に相談ください。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了