Webマーケ転職全敗後、マケキャンでWebマーケターになれた男

事務職から、Webマーケターへ。

転職成功の秘訣は「悩む前にまず行動する」ということ。

色々調べたし散々考えたけどわからなかったことが

無料カウンセリングで、全部解消されました。

そう語ってくれたのは、営業事務からWebマーケターへの転職を成功させた毛利さん。

今回は、営業事務からWebマーケターに転職することになった経緯から、マケキャンのサポートを体感していただいた感想を語っていただきました。

これからマーケティングを学びたい人や、無料カウンセリングに興味を持っている方は、是非読み進めていってくださいね。

毛利さん

広告の営業事務として働く中で、将来に対して不安を抱える。会社の同期が営業マンとして成功する中で、自分はずっと事務職が続いていたのだ。「転職し、Webマーケターになってもっと活躍したい」という思いがあり転職エージェントに登録するも、全敗。マーケ職への転職の難しさを痛感する。そんな中、会社の人事部長からマケキャンを勧められることに。マケキャンについて必死に調べるも不明点が解消できず、カウンセリングを予約する。カウンセリングで今までの不明点が全て解消され、参加を決意した。参加後は持ち前の根性が発揮され、無事転職が決定する。

事務職で働く中での不安

 

ー毛利さん、転職成功おめでとうございます!

毛利さん:ありがとうございます!

ーはじめに転職活動を始めようと思ったきっかけをお聞きできればと思います。

毛利さん:きっかけは、将来に対する不安ですね。

もともと営業事務として何年か働いていたんですが、周りの同世代と自分を比較した時に「このままでいいのかな」って不安を感じたんです。

ー不安…というと?

毛利さん:周りが営業マンとしてどんどん活躍している中で、自分は事務職が続いていたので…。

このまま事務職として働くより、もっと成長して売上に貢献できる人材になりたい!と思うようになりました。

ーなるほど。そういった経緯で転職を考え始めたんですね。そんな状況の中、どうして営業マンではなくWebマーケターを目指そうと思ったんですか?

毛利さん:営業事務として働く中で感じていたのは「Webからの流入で商品を購入するお客様が圧倒的に多い」ということでした。

そういった時代の流れを考えた時に「オフラインよりオンラインでお客様にアプローチできるWebマーケターの仕事が良いんじゃないか」と感じたんです。

ーオンラインに対する可能性を感じたんですね。

毛利さん:そうですね。あとは営業事務として行なっていた処理業務が、Webマーケターにも活かせるんじゃないかと感じました。

営業事務として働きながら「このままで良いのかな」と不安を感じていたとのこと。

「もっと成長して売上に貢献したい!」という思いが転職を志すきっかけになったみたいです。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

転職エージェントに登録したが、全敗してしまう

ーWebマーケターを目指し始めてから、いきなりマケキャンを受講しようと思ったんですか?

毛利さん:いや情報収集をしていく過程で、マケキャンが一つの選択肢に入っていた感じですね。

ーなるほど。情報収集はどういったことをされたんですか?

毛利さん:Webで検索して色々調べたり、転職エージェントにも申し込んで実際に転職活動もしてました。

ーエージェント経由で転職活動もされてたんですね!

毛利さん:そうですね。

ですが面接時には「自分のやりたいこと」が先行してしまって「どういう形でWebマーケターとして会社の役に立てるのか」が言語化できませんでした。

ーなるほど…確かにイメージつきにくいですもんね。

毛利さん:結果、転職活動は全敗で…。

エージェントの担当の方からも「営業事務の経験から、Webマーケターになるのはハードル高い」と言われてしまいました。

ーそうだったんですね。その時営業マンとして転職しようとは思わなかったんですか?

毛利さん:自分の中で営業事務から営業マンになることに対してモチベーションが沸かなかったんですよね。

知り合いの営業マンから話を聞く中でも、やはりWebマーケターとして消費者のニーズに答えることに魅力を感じました。

ーなるほど。世の中の需要と自分のやりたいことがマッチしたのがWebマーケターだったんですね。

毛利さん:そうですね。

お客様が商品を購入する心理について、Webを通じてもっと理解したいと思うようになりました。

Webマーケターに転職を決めてからは自分なりに情報収集し、転職エージェントにも登録する。

しかし結果は全敗。事務職からWebマーケターへの転職の難しさを痛感した。

前職の部長が決定打となった

ーWebマーケターとしての転職に興味を持たれてから、どうしてマケキャンへの参加を決めようと思ったんですか?

毛利さん:実は前職の人事部長の一言が決定打になったんですよ。

ー前職の人事部長ですか?

毛利さん:はい。

僕自身の今後のキャリアプランについて相談したら、マケキャンを紹介してもらって。

ーそれ凄いですね。でもどうして人事部長が?

毛利さん:その人事部長、マケキャンで一度講師をしていたみたいで。

縁があって紹介してくれたんですよね。

ーなるほど…一度講師をされてた方が人事部長だったんですね。凄い偶然ですね。

毛利さん:本当に驚きました。

当時からネット検索でWebマーケティングスクールを色々調べていたので、マケキャンの存在自体は知っていたんですよ。

人事部長からも色々アドバイスしてもらい、徐々にマケキャンに興味を持っていきましたね。

前職の人事部長にマケキャン講師としての経験があり、面談中紹介されたとのこと。

それをキッカケとしてマケキャンに興味を持ち始め、徐々に距離を近づけていくが…。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

無料カウンセリングで参加を決意

ーそれからすぐに無料カウンセリングに参加しようと思ったんですか?

毛利さん:いや、最初は少し悩みましたね。

他にもWebマーケティングスクールはあったので、比較しながらどのスクールの話を聞くべきか考えていました。

ーなるほど。では何が決め手になったんですか?

毛利さん:無料カウンセリングに申し込んだ決め手は3つあります。

1)転職の実績があることや、サポート体制の充実度
2)DMMというネームバリュー
3)比較サイトでの高評価

これらの要素に安心感を感じ、無料カウンセリングに申し込もうと決意しました。

ーマケキャンの転職実績やネームバリューに安心感を感じてくれたんですね。

毛利さん:そうですね。

マケキャンならコンテンツ内容も信用できるなと思って申し込みました。

ー無料カウンセリングに参加する前からマケキャンに申し込む事を決めてたんですか?

毛利さん:いや、カウンセリングに参加する前では「申し込む7割:検討する3割」くらいの気持ちでしたよ。

終わった後に、自宅で検討して参加申し込みを決断しましたね。

ーカウンセリングが終わってから決断したんですね。

毛利さん:そうですね。

Webマーケティングスクールについて色々調べてみましたが、結局何が大事なのかよくわからなかったんですよ。でも無料カウンセリングに参加したら今までの悩みが全て解消されて。

ーそうだったんですか。

毛利さん:今までの不明点が一気に解決しましたね。

自分一人でいくら調べても結局よくわからないままだったので、一度無料カウンセリングに参加するのが良いのかなと思います。

無料カウンセリングに申し込み、マケキャンへの参加を決意する。

転職実績やネームバリューに惹かれて参加してくださったとのこと。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

学習サポーターのおかげで頑張れた

ーいざマケキャンに参加して学習を進めていく中で、印象に残っている部分ってありますか?

毛利さん:毎週末のプレゼンが特に印象に残っていますね。

学習サポーターの方の対応に本当に助けられていました。

ー学習サポーターですか?

毛利さん:そうですね。特に三井さんにはお世話になっていて。

毎回プレゼン後にフィードバックをいただけるんですけど「現場さながらのプレゼンになっていたよ」と褒められた時は本当にモチベーションになりました。

ー三井ですか!確かに面倒見の良いスタッフですよね。

毛利さん:そうですね。

週末講義でのプレゼンで良いアウトプットをするために「平日の学習を出来る限り頑張ろう」と意気込んでやってきました。

サポーターの方に納得してもらう事を一つの目標にして取り組んでいましたね。

ーフィードバックをモチベーションに進めていったんですね。

毛利さん:はい。そのおかげもあって計画的にレポート作成等も進めていけたのでよかったです。

学習サポーターのフィードバックがモチベーションになったとのこと。

マケキャンでは、学習サポーターと受講生の距離感も重要視しています。

「負けっぱなしの人生は嫌だ」

ー学習を進めていく中で「あの時しんどかったな」って印象に残ってることありますか?

毛利さん:3ヶ月目のプレゼン内容ですかね。

基本的には補講で話していただいた内容を元にプレゼンを作って進めていけたんですけど、3ヶ月目は特に大変でした。

作成したシミュレーションが、きちんと実行できるものなのかがわからなくて…。

ーなるほど。そういった困難をどうやって乗り越えましたか?

毛利さん:とにかく毎日不明点を質問しました。

自分の認識があっているのか学習サポーターに聞いて、試行錯誤しながら進めていきましたね。

ー毎日質問するってすごいですね。

毛利さん:ありがとうございます。

結果的に「ツッコミどころがないです」と賞賛していただいたので、その時は本当に達成感がありましたね。

ーお仕事しながらそこまで突き詰められるってすごいですよね。モチベーションの源泉はどんなところにあったんですか?

毛利さん:やっぱり一番は、今までの自分に負けたくないなっていう思いが強かったですね。

ここで妥協したら勿体無いし絶対後悔すると思ったので。

「諦めたくない」という思いが、自分の中でとにかく強かったです。

ー強い思いが原動力だったんですね。

毛利さん:はい。あとは同期に負けたくないっていう思いもありましたね。

実際プレゼンする中で、他のメンバーと比較されるじゃないですか。

その時に他の人がやっていないような部分まで取り組んで「勝ちたい」と思っていました。

ー結果的に良いプレゼンに繋がってよかったですよね。

毛利さん:自分には元々の知識があったわけでもないですし、コツコツ作業するしかなかったので。

「このまま負けっぱなしの人生は嫌だ」という強い思いが原動力になったんだと思います。

ーさすがの忍耐力ですよね。

毛利さん:三井さんにも「毎日質問して取り組んでいたのが素晴らしかったと思います」と褒めていただき、本当に頑張ってよかったなと思います。

「諦めたくない」という強い思いが原動力となり、困難を乗り越えたとのこと。

集団受講だからこそライバル意識を燃やし、自分の強みを生かして取り組まれたみたいですね。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

キャリアカウンセラーと気兼ねなく話せました

ー次にキャリアサポートの対応についてお伺いできればと思います。実際キャリアサポートを受けてみてどうでしたか?

毛利さん:否定から入らず、肯定から入ってくれたのが話しやすかったなと感じます。

相談していきなり「これは違うよ」と否定されたら、会話が終わってしまうじゃないですか。

ー確かにそうですね。マケキャンの方針としても、受講生自身にしっかり考えてもらう時間を大事にしています。

毛利さん:非常に伝わりました。

そのおかげで抽象的な部分をしっかり言語化することができたので、進めやすかったですね。

ーなるほど。キャリアカウンセラーの距離感はいかがでした?

毛利さん:相談しやすい距離感でした。

例えば面接が終わった後、どんな結果だったかをその都度報告することができましたね。

ー気兼ねなく話せる距離感ですね。

毛利さん:そうですね。

おかげで面接が終わる度に自分自身の課題を明確にすることができて、PDCAが回しやすかったです。

ーキャリアカウンセラーにその都度相談していったんですね。

毛利さん:はい。1回目より2回目の方が良いし、2回目より3回目の方が良いし…といった感じでどんどん面接対応のクオリティを上げていくことができました。

キャリアカウンセラーには面接の度に報告し、その都度フィードバックをもらうようにしていたみたいです。

一人で抱え込みがちな転職活動ですが、日々改善しながら取り組めたとのことでした。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了

いつまで続くんだろう…と不安だった

ー実際に転職活動をしていく中で不安に感じることってありましたか?

毛利さん:やっぱり転職って不確実性が高いので、不安が大きかったですね。

自分の裁量で決められるわけじゃないし、受からなかったら落ち続けるだけじゃないですか。

ー確かに…不安ですよね。

毛利さん:いつまでこの転職活動期間が続くんだろうか…と不安でしたよ。

ーそんな中どう乗り越えていきましたか?

毛利さん:諦めずに取り組むしかないなって思っていました。

何度も面接に挑戦して、自分を改善しながら見直すしかないなと。

いつまで続くかわからない転職活動に対して抱える不安。

「諦めずに取り組むしかない」と、何度も挑戦して乗り越えたみたいです。

マインドが鍛えられました

ー実際に3ヶ月間マケキャンを受講してみて、受講前と比べて変わったなと思うポイントってありますか?

毛利さん:熱量が変わりましたね。

自分の意思で選んだ道だからこそ、熱を込めて一つ一つの業務に取り組めています。

ー素晴らしいですね。慣れない業務で大変な部分もあると思いますが、その点はどうですか?

毛利さん:もちろんうまくいかない部分もあるんですけど、それも含めて楽しく取り組んでいます。

ー意欲的に取り組めるようになったんですね。

毛利さん:今までは落ち込んだ時に「逃げよっかな」と思う瞬間がありましたが、今は「やるしかないな」って思うようにもなりました。

マケキャンを通じて、マインド面も鍛えられたと思っています。

マケキャンを通じて仕事に対する熱量を手に入れたみたいですね。

目の前のことに対して、意欲的に取り組めるようになったとのこと。

まだまだ学ぶことだらけです

ー今現在はどういったお仕事をされているんですか?

毛利さん:ベンチャー企業で、MAツールの営業としてマーケティングにも携わりながら業務しています。

具体的に言うと、ECサイトの注文ページ等に使えるチャットボットを販売しています。

ーマーケティングもしつつ営業をされているんですね。

毛利さん:そうですね。今までと全く違うポジションで本当に学ぶことあ多いです。

新しい環境に身を置くことができて、本当によかったなって思います。

ー改めておめでとうございます。やっぱりまだまだ学ぶこと多いですか?

毛利さん:学ぶことは本当に多いですね。

基本的にはマケキャンで用語等も学んだんですが、実際の商談になると使えなかったりして。

ーやっぱり、実際の業務となると難しい部分ありますよね。

毛利さん:そうですね。まだまだ学ぶこと多いなって日々実感しています。

マケキャンで前提知識を入れたものの、まだまだ学ぶことが沢山あるとのこと。

日々成長しながら、深めていってほしいですね。

まずは与えられた業務で成果を出したい

ーこれから「こういう人材になりたい」っていうビジョンはありますか?

毛利さん:ちゃんと業務で成果を出して、会社を支える一翼を担いたいですね。

与えられた分野で、自信を持って商品を進められる存在になりたいと思っています。

ーまずは目の前の成果ですね。将来的にはどういったキャリアプランをお考えですか?

毛利さん:将来的にはWebマーケティングを専業として取り組むか、コンサルティング業務のスペシャリストになるかで考えています。

これからの選択肢も以前に比べて格段に広がったので、マケキャンには感謝しています。

目の前の仕事に集中し、与えられた分野で成果を出したいとのこと。

将来のキャリアプランまで熱く語っていただきました。

カウンセリングで不明点が解消された

ーそれでは最後に「これからWebマーケターになりたい」と思われている方に向けてメッセージをお願いします。

毛利さん:一次情報にできるだけ触れて判断するのが良いと思います。

インターネットで情報収集するだけだと、納得できない点が必ず出てくると思うんですよね。

ー確かにそうですね。

毛利さん:例えばマケキャンの情報にしてみても、検索ページには乗っていない部分を聞くためにカウンセリングがあると思うんです。

僕もそうだったんですが自分一人でページを見ながら考えていても、わからない点って絶対存在するんですよね。

なので悩んでいるなら、直接相談するのが一番良いと思います。

ー確かにネットに書いてある情報だけだと、自分の認識があっているかわからないですもんね。

毛利さん:そうですね。

カウンセリングを受けたら必ず入るってわけでもないですしね。僕自身カウンセリングに行ったら悩みが全部解消できたので、行ってよかったなと思っています。

ーでは、今回のインタビューはこの辺で終わりたいと思います。ありがとうございました!

毛利さん:ありがとうございました。

マケキャンの無料カウンセリングでキャリアプランを相談できる

マケキャンではカリキュラムを日々アップデートしながら、受講生一人一人のキャリアを成功に導いています。

卒業生の方が、5年後、10年後に「あの時マケキャンで学んでよかったな」と思ってもらえるよう、カリキュラムを組んでおります。

もちろん転職支援もさせていただきますが、転職成功はあくまで通過点。

その先の活躍をスタッフ一同お祈りしております!

マケキャンでは、現状のキャリアプランについて無料のカウンセリングを行っています。

受講するしないに関係なく、今の現状を踏まえた上でのアドバイスや提案をさせていただいてますので、お気軽に相談ください。

自宅からWEBマーケターに/

無料カウンセリングに申込む
※最短1分で申し込み完了