「裁量権を持って働きたい」新サービス開発担当が転職してWebマーケターという道を選んだその理由とは?

アイキャッチ画像

前職は会長と社長のワンマン経営。企画を何度上げても通らない環境に苦しむ日々。
もっと裁量権のある会社で、顧客のためになる仕事がしたい。
そんな思いから挑戦したマケキャンで、これ以上ない転職先と出会うことができた。

そう語ってくれたのは、印刷会社の営業・新規サービス開発を経て見事未経験でWebマーケターとしての転職を成功させた高山さん。

マケキャンへの挑戦を決意した背景や、学習、転職活動の様子などを赤裸々に語っていただきました。

「現職に対して不安がある」「最短でマーケターとしての転職を成功させたい」などのお気持ちの方は、是非高山さんの転職ストーリーを参考にしてみてください。

高山さん(仮名)

新卒で印刷会社へ入社。1年間、営業職として法人・個人の発注後の顧客対応や事務業務全般を担当。その後は商品サービス開発課への異動を経て、マーケティングリサーチ、新商品の企画、販促キャンペーンの企画・実施などを担当。

会長・社長のワンマン経営で現場の意見が通りづらい前職の状況に対し、「もっと裁量権のある環境で、顧客のためになる本質的な仕事がしたい」という思いから転職を決意。仕事を辞めてマケキャン受講に専念した結果、見事Webマーケターとしての転職成功を掴み取った。

「自分は何のために働くのか」悩みながら辿り着いた答えとは

写真

ー まずは転職成功おめでとうございます!
早速ですが、マケキャンを受講する前のご経歴について簡単に教えてください。

高山さん:ありがとうございます!

私は新卒で印刷会社に入社し、初めの1年間は営業職として従事していました。
業務の内容としては、法人・個人の顧客から印刷物のデータを受領し、納品するまでの一連の顧客対応や事務業務を行うというものでした。

その後、2年目からは商品サービス開発課という部署に異動となり、新商品やサービス、キャンペーンの企画や自社SNSの立ち上げ・運用と、役員の直下で働きながら幅広く経験させていただきました。

 

ー お若いながらにも責任のある立場で色々と経験をされてきたのですね!
そんな充実したキャリアを歩まれる中、今回転職を検討したきっかけをお伺いできますか?

高山さん:「裁量権のある職場で働きたい」と思ったことが、転職を検討したきっかけです。

前職は、会長と社長のワンマン経営だったため、現場からボトムアップに意見を上げても企画などが全く通らない環境でした。

初めは、食らい付いていればいつかは目に止まるだろうと、週1のペースで新しい企画を経営層に上げていたのですが、何も反応がなかったり突っぱねられて終わり、ということが大半でした。
自分はどこに向かって仕事をすれば良いのだろう、と出口が見えない感覚に襲われ、当時はかなりきつかったですね・・・。

上司でもあった役員に経営体制について相談しましたが、その役員ですら「この状況を変えることは難しい」と諦めてしまっているような状態でした。

そんな状況を見ながら、自分は何のために働くのだろうか?と考えたときに、会長や社長を納得させるためではなく「シンプルに顧客のためになる仕事がしたいのだ」ということに気付き、再スタートを切ろうという思いで転職を決意しました。

 

 

ー なるほど…。とても辛い日々だったことが伺えます。Webマーケティングに興味を持ったのはなぜでしょうか?

高山さん:前職で、外部顧問のような方が毎月マーケティングの勉強会を開いてくださる機会があったのですが、それがとても面白く興味を持ったというのが最初のきっかけです。

また、将来的に自身が好きなアパレルや芸術といった分野で起業をしたいという思いがあり、起業した際にマーケティング戦略は欠かせないため、勉強をしたいと思ったことも大きな理由の1つです。

 

 

ー 確かに、将来を考えるとマーケティングは確実に学んでおきたいですね!
数あるスクールの中で、マケキャンを選んでくださった理由は何でしょうか?

高山さん:1つ目は、マーケティング戦略の全体像を体系的に学べるという点です。

色々とスクールのカリキュラムを比較検討しましたが、他スクールはどこかの領域に特化し集中的に学んでいくものが多く、全くの未経験者には向いていないように感じました。
マケキャンであれば、マーケティングとは?という基礎的なところから、応用的な知識までを学び、まずは全体像を理解できるといった安心感がありましたね。

2つ目は、圧倒的な転職実績の高さです。

キャリアアドバイザーの質や転職サポートの手厚さ、転職先企業からの評判など様々なポイントを総合的に判断しても、マケキャンが一番ではないかと思い受講を決意しました。

新卒で入社した印刷会社では、会長・社長のワンマンな経営体制で何度企画をぶつけても聞いてもらえず苦しむ日々が続いた。
改めて自身が働く目的と向き合った結果「顧客のためになる仕事がしたい」と気付き、裁量権のある職場を求めて転職を決意。
学習カリキュラムと転職実績の高さがマケキャンの決め手。

退路を断ち、とことん自分に向き合った数ヶ月

ー その後、マケキャンを受講されてみての率直なご感想を教えてください!

高山さん:大変でした(笑)

毎週課題を作成して講師にぶつけるのですが、毎回厳しいフィードバックを食らってかなり精神的にも鍛えられましたね(笑)

でも、あれだけ自分と向き合って考え抜いた時間はないと思うので、今はやり切ってよかったと清々しい気持ちですね。

 

 

ー マケキャン講師は皆、愛のある厳しさがありますよね!(笑)

高山さん:まさにその言葉がしっくりきますね。

正直最初のうちは、一生懸命作成した課題に対して厳しいフィードバックをもらうたびに、「そこまで言うことないでしょ・・・」とショックを受けてばかりだったのですが、よくよく考えると、社会人になってからこれだけ誰かに本気でフィードバックをもらうことってなかったな、と。

人に厳しく言ったりぶつかったりすることって、本来とても勇気がいることだと思います。
それでもマケキャン講師の方々は、私の圧倒的な成長を願って、そのスタンスを貫いて接してくれていました。

今では感謝しかないですね。

 

 

ー 高山さんは学習前に前職を退職され、学習にフルコミットされたと伺っています。転職先が決まる前に退職することに対して不安はありませんでしたか?

高山さん:正直不安はありました。

実は、転職を決意したあたりに長時間労働が重なり体調を崩してしまったんです。
この状態で仕事と学習を両立するのは厳しいと判断し、学習に専念するためにも退職を決意しました。

結果的には、先に退職して良かったと思います。
ある意味、退路を断つことで「もう後戻りはできない、やるしかない!」と良い緊張感を持ちながら学習や転職活動に臨めたと思います。

 

 

ー 退路を断つ、そのような覚悟で学習に臨んでいただいていたのですね。学習中、最も自身の成長に繋がったと感じるポイントは何でしょうか?

高山さん:当初の狙い通り、マーケティングの知識や考え方が体系的に身についたという点がやはり1番の収穫です。

加えて、マーケティングの思考プロセスを学べたことも大きいです。

前職の印刷会社では、顧客からの依頼は最終的な成果物が明確であり、その成果物から製作プロセスを逆算するという思考が癖付いていました。
一方、マーケティングは明確な成果物がなく、仮説検証しながら成果を作っていくという思考が必要です。

初めは慣れない思考プロセスに戸惑いましたが、繰り返し講師のフィードバックと向き合いながら克服できたと思っています。

 

 

ー その後の転職活動はいかがでしたか?

高山さん:転職活動中は、担当のキャリアアドバイザー(以下、CA)さんのサポートもあり、一度もネガティブになることなく最後まで終えることができました。
そして、当初から一番行きたかった企業の内定をいただくことができました!

 

 

ー 本当におめでとうございます!高山さんが思うマケキャンの転職サポートの良さはどんなところでしょうか?

高山さん:そうですね。やはり学習時に受講生の特性や考え方の癖みたいなものを把握して、それを踏まえた上でCAさんがサポートしてくださるところだと思います。

私は性格上堅苦しい場が苦手なのですが、それを考慮してなのか、毎回アイスブレイク的に雑談を交えながらお話いただき、終始楽しく転職活動期間を過ごすことができました。

また転職先が決まった後の面談では、関西から関東に引っ越すにあたって 「こういう準備をしておいた方が良いよ」と引っ越しの相談にも乗っていただいたりと、ここまで親身になってくれるのかと驚きましたね(笑)

受講前に退職し退路を断つという覚悟で臨んで学習期間で得たものは、マーケティング戦略の体系的な知識や思考プロセス。講師や受講生との交流が成長速度を加速させた。
その後の転職活動は、自身の特性を踏まえたサポートを受け順調に進捗。無事に第一志望企業の内定を獲得。

顧客目線が貫き通せる環境で新たな挑戦が始まる

ー 今後はどのような会社でどのような仕事をされるご予定ですか?

高山さん:シェアリング型統合マーケティングという独自のビジネスモデルを展開する広告代理店にて、広告運用担当として入社します。

独自のビジネスモデルというのが、顧客の広告費用を会社が肩代わりし、実際に商品が売れた後に発生する売上の一部を顧客とシェアするというもので、まさに顧客の一員となって二人三脚で仕事ができる環境ということになります。

前職で会社の体制や文化のようなもので悔しい経験をした私にとっては、まさに求めていた環境そのものということで即決でした!

 

 

ー 高山さんらしい選択ですね!とても素敵です!今後のビジョンや目標があればお聞かせください。

高山さん:まずは徹底的に顧客目線に立って、売上をしっかりと還元できるマーケターになります。
そのために与えられた仕事は、期待値の150%くらいでアウトプットし続ける、ということをやり切りたいと思います。

そして冒頭にお伝えした通り、やはり自身の最終的な目標としては自分の好きな分野で起業をすることなので、そこに繋がる経験を多く積んでいければと思います!

 

 

ー 最後に、転職やマケキャンの受講を検討している方に向けて、メッセージをお願いします!

高山さん:少しでも興味があるのであれば、逃げずに一歩踏み出してみてほしいです。

日々忙しいと、どうしてもやらない理由を考えたくなるものだと思いますし、私も実際にそうでした。
でも、「逃げた」という感覚は後ろめたい記憶として一生自分の中に残り続けるものだと思います。

そんなの、人生が勿体無いです。

是非後悔のない選択をしてください!応援しています!

 

ー 素敵なメッセージをありがとうございます!
マケキャンスタッフ一同、高山さんのご活躍をずっと応援しています!

マケキャンでは、無料カウンセリングを行なっています。
一人ひとりのキャリアプランに合わせながら、背景に寄り添ったアドバイスをしています。
Webマーケティングに興味がある方、今の現状にモヤっとしている方、是非お申し込みください。